FedoraでChrome Remote Desktopのホストになる

バージョンが変わる毎に追記・修正するかもしれません。

「もっといい方法ある!」等あれば、コメント欄で知らせて頂けると嬉しいです

(パッケージにドキュメントみたいなの付けてくれませんか?)

  1. パッケージchrome-remote-desktopをインストール
    sudo dnf install chrome-remote-desktop
  2. ~/.chrome-remote-desktop-sessionを作成。デスクトップ環境を指定する。
    GNOMEの場合、下記を追加
    exec gnome-session
  3. グループchrome-remote-desktopを追加
    sudo groupadd chrome-remote-desktop
  4. ホストするユーザーをグループchrome-remote-desktopに追加
    sudo gpasswd -a user chrome-remote-desktop
  5. リモートデスクトップの解像度を指定する場合、~/.bash_profileに、下記を追加する。
    (1024×768を指定する場合)
    export CHROME_REMOTE_DESKTOP_DEFAULT_DESKTOP_SIZES=”1024×768″
  • バージョン 65.0.3325.181-1.fc27の場合
    リモート接続を有効にしようとすると、
    /usr/lib64/chrome-remote-desktop/user-session not installed setuid root. host must be started by administrator
    のメッセージが出て失敗するので、メッセージの通りにsetuidを設定する。
    sudo chmod u+s /usr/lib64/chrome-remote-desktop/user-session
  • バージョン 62~63あたりの場合、ファイルの配置場所が間違っており、動作しない模様
    /etcにバイナリーが置いてあったりしてめちゃくちゃ…
  • デスクトップから一度リモート接続を有効にした場合、CLIから下のコマンドで起動することができる。
    PINはリモート接続を有効にした時に設定したものが、引き続き使われる。
    ttyからのみ?デスクトップのターミナルからでは動作しない。なんで?
    バックグラウンドで起動する場合は、–foregroundを省略。
    /usr/lib64/chrome-remote-desktop/chrome-remote-desktop –start –foreground
  • 停止する場合は、下のコマンドを実行
    /usr/lib64/chrome-remote-desktop/chrome-remote-desktop –stop
  • 不明点
    • systemdから起動する方法がわからない。
      /usr/lib/systemd/system/chrome-remote-desktop@.serviceが置かれているから、自動起動したりできるはずなんだけど…下のコマンドではエラーになる。
      (userの部分はホストするユーザー名で置き換える)
      systemctl start chrome-remote-desktop@user.service
    • systemdの使い方がよくわかってないかも?
    • CRDのクライアントになれない。なんかコンポーネントが足りないらしい

コメントを残す

Your email address will not be published.