pfSenseでPPPoEのマルチセッションをする

あまりこの手の情報を見掛けなかった気がするので、設定方法を書き残しとく。

1セッション目:インターネットプロバイダーとの接続
2セッション目:サービス情報サイト(旧名称フレッツ・スクウェア)との接続

サービス情報サイトは、工事/故障の情報を見ることができる他、フレッツのサービスを受けるときの「回線認証」にも使われる。フレッツ会員だけが見ることができる、インターネットとは別の閉域ネットワークのこと。

特に回線認証で利用する場合、インターネットとサービス情報サイトの両方に接続してた方がスムーズに進むので、設定しておくと何かと便利。

※pfSenseの接続が恐らくサポート外なので設定は自己責任でお願いします…あと内容をあまり理解せず設定している部分もあるので、より良い方法をご存じの方はぜひ教えていただけると嬉しいです。

続きを読む

OpenSUSEでChromeリモートデスクトップのホストになる

Google Chrome(Chromium)からリモートデスクトップ機能が使える「Chromeリモートデスクトップ」。

この記事を書いている時点では、Linuxはホスト(サーバー)側のソフトがベータ版というステータスで、公式にサポートしているのはUbuntuのみ。

なんとかしてOpenSUSEでもホストになれないの?と思って、ネットに散らばっていた情報を集めて自分で色々試してみたところ動いたので、仮想環境を使いながら手順を検証してまとめてみた。

長いのでドキュメントにまとめました。体裁があまり整ってないです

とりあえず、下のリンクからどぞー↓

補足

2.2 rpm-build(alien)→rpm-build。alienの依存関係って書こうとして残ってしまった。

4.2以降の操作はデスクトップにログインするユーザーで操作する。

4.8完了後に一旦ユーザーの再ログインと、リモート接続の再起動(リモートデスクトップの操作パネルを一旦無効にし、有効にする)を行ったほうがよさげ。どうも.profileの設定が一旦ログアウトしないと反映されないようで。

自動起動できないか?
→リモート接続を有効化する作業をひと通りした後、
systemctl enable chrome-remote-desktop で自動起動を有効化できました

“OpenSUSE Chromeリモートデスクトップホストインストール方法” をダウンロード opensuse_crd.pdf – 117 回のダウンロード – 118 KB

あとChrome系全般に言えるけど、ナマモノみたいに急速に進化してるから、ちょっとした拍子でこの方法が使えなくなってしまうことがあるかもです。

そこで、「ここをこうするともっと良いかも」とか、「OpenSUSE以外のディストロでもちょっと方法変えたら動いた!」というような情報があればお待ちしてます。

しかし、VNCから大きく進化したなと。音も鳴るし。オープンソースの力って素晴らしい。

公式で早くパッケージ出してほしいな。

自作ルーターPC製作記(ハード編)

ひょっとして既製品よりも性能出るんじゃないの?という考えから、自作してみた。

専用のASICとか積んだやつには流石にかなわないだろうけど…

消費電力対性能では既製品の方が有利で、恐らくギガビットレベルでは差が出なくて割に合わないことも承知の上で。

続きを読む

ネットギアのGS105Ev2がファームウェアアップデートで化ける件

最近、ネットギアのスイッチングハブのGS105Ev2(GS105E-200JPS)とGS108Ev2(GS108E-100JPS)を買ったんだけど、ちょっと面白い発見があったので。

まずは、このスイッチについてから。

ネットギアのアンマネージプラススイッチ。 上がGS105Ev2、下がGS108Ev2

ネットギアのアンマネージプラススイッチ。
上がGS105Ev2、下がGS108Ev2

このスイッチは、ネットギアでは「アンマネージプラススイッチ」という呼び方をしていて、そのまま使うと普通のスイッチングハブなんだけど、「ProSafe Plus ユーティリティ」と呼ばれる設定ユーティリティを使用すると、VLANやポートミラーリングなどのインテリジェントスイッチが持つような機能を使えるようになる。

prosafeplus

ProSafe Plusユーティリティ

でも、ProSafe Plus ユーティリティはWindowsしか対応してなくて、更にAdobe AIRのインストールが必須、ということで、導入が煩わしい。てかAdobe AIR使ってるんなら簡単にマルチプラットフォーム化できるんじゃないの?

そんでもって、インテリジェントスイッチのような、Web GUIによる管理(→ブラウザーからWeb形式の管理画面にアクセスして設定してく方式)には対応してなくて、微妙だと思ってたんだ。

ある時、USのサイトからファームウェアをダウンロードしようとして、リリースノートを見てたんだけど、バージョン1.3.0.1にこんな記述が。

  • Supports Web GUI management.(Web GUIの管理に対応したよ)

( ゚д゚ )へ?

続きを読む

[L12D2] サーバー合流機能の実装

「同じマップが進んでいる少人数のサーバーがいくつもある。」

これ、L12Dサーバーで割りと良くある光景なんです。

それなら、1つのサーバーに集まってワイワイやったほうが楽しいよね!ということで、
サーバーの合流(接続)機能というのを実装してみました。

簡単に言うと、同じマップが動いてるサーバーのうち、少ない方のサーバーにいる人を、多い方のサーバーに移動させるものです。

同じマップが進行中で人数の多いサーバーを発見した場合、自動的に投票が開始されます。

joinsrv

この画面が表示された場合、F1キーを押して賛成票を入れることを推奨します。

可決された場合、そのサーバーのゲームは止まり、移動を促すメッセージが表示されます。

2014-07-20_00006

そのままF3キーを押して下さい(※)。人数の多い側のサーバーへ移動します。

※デフォルトの設定では、F3キーが承諾コマンドに割り当てられています。
キーの割り当てを変更している場合は、画面左上の「承諾」のところにキーが表示されていますのでそのキーを押して下さい。

joinsrvpush

割り当てされていない場合、コンソールから下のコマンドを入れてキーを割り当ててください。

bind F3 askconnect_accept